本文へスキップ

 


日本ミツバチ分蜂群の予約賜わります。
日本ミツバチ分蜂が4月2日から始まりました。現在今年の分蜂箱取り込みました。大切に飼育される方を希望します。分蜂後は巣に蜜が作られ始めてから1か月くらいのものが確実で間違いありません。巣が成長し花粉、蜜が作られています。採蜜方法,スムシ対策、スズメバチの対策は簡単に対応出来ます。飼育方法はアドバイス、サポ-トいたします。熊本県内方のみです。引き渡しは手渡しみで打ち合わてせいます。引き渡しは 4月から5月中旬迄です。
日本蜜蜂分蜂群一箱 

連絡先 096-320-1010  日本蜜蜂愛好者 高宮園 木村宗武

センチ

おもと古鉢の写真は錦鉢、古鉢でご紹介しています。

錦鉢、古鉢で高宮園の古いおもと鉢、蘭鉢、収集品をご紹介いたします。

高宮園は日本伝統園芸を専門とするショップです。
令和2年2月8日 おもとリスト更新

当園はおもと、春蘭、錦鉢、斑入り山野草、等を取り扱っています。
当地はJR熊本駅より4 ㌔の熊本市南西部に位置し西北部に金峰山がそびえ西部は熊本新港です。 
熊本市は盆地的で寒暖の差が大きく夏は肥後の夕凪と言われるくらい蒸し暑い気候ですが、当園は西風
が吹き周囲が田んぼですから植物の環境には良い作場です。政令都市となり熊本市南区となりました。

お知らせ 
ホ-ムペ-ジ


新ULR  http://www.takamiyaen@.jp

Eメ-ル takamiyaen@ab.auone-net.jp
●更新日 令和2年4月14日
 今年はコロナウイルスの影響で展示会は全部中止となりました。りおもと、蘭、山草の手入れを充分に行いました。早く落ち着くことを願っています。おもとの販売は4月末で終了させて頂きます
 
令和元年 10月18日
(地植えのおもと)  熊本県小国町黒川温泉で撮影           江戸時代からの老舗旅館の入り口でおもとが植えられていました。
覆輪のおもとが迎えてくれました。何歳くらいか解りませんが芋が長くて、長い年月元気で生き続けるおもとに魅せられました。吉兆のシンボルとして植えられたものでしょう。

          覆輪の昔のおもと ↑
おもとの管理  
おもとの管理はいくつかのことは最低限必要なことがあります。
1)おもとの置き場 2)灌水 3)肥料 施肥 4)消毒 殺菌、殺虫、
以上のことに気を使いますが、むずかしいのは施肥、消毒薬です。当園の肥料は東商の油粕完熟肥料おまかせ玉肥を3.5寸鉢に玉肥2個を月1回9月,10月,11月1月2月3月に与えます。
カリ分の肥料はワラ灰の灰汁水を置き肥の時期に必ずやることです。消毒薬は沢山あります。効能書をよく見てやらないと効果がありません。10月号趣味の園芸で農薬のことが詳しく掲載されています。
わからない点はご質問にお答えします。電話メ-ルにてご案内させて頂きます。

電話、メ-ルでお気軽にお問い合わせください
桑ズミ 容量ミカン箱¥3.000 送料込み
完熟肥料油粕特選玉肥 ¥1.000  ワラ灰¥1000 送料別                              

祖父㋨銘監
江戸時代の園芸が脈々と受け継がれてきたおもと、長い歴史に感銘します。大正14年三河園芸組合のおもと名監です、千代田の松、鳳、玉獅子の虎、地球宝、天光冠等現在でも全国大会の指定品目です。現役のおもとが沢山見られ、長い歴史に感銘します。伝統園芸おもとは趣味園芸の中で親しまれています。



祖父のおもと用ジョロ 130年現役、銅板が厚いので末代物、芋吹き用として使用しています                                         

高宮園の番犬  柴犬が3頭います,写真はくろ,りき  新築祝いのおもと小鹿田焼に植えました
                        

ショップ情報

高宮園

〒861-4136
熊本市南区荒尾1-6-5
TEL.096-320-1010











【リンク】